サラ金とはサラリーマン金融の略称といわれています。最近はほとんどサラ金という言葉を聞かなくなってしまいましたが、一昔前でいうサラ金は消費者金融のことをさしていました。

しかし、最近は大手消費者金融のアコムやモビット等が大手銀行のグループ会社になったり、レイクが銀行のカードローンに統合されたりということで、これらは銀行系カードローンなどといわれています。

なので、現在でいうサラ金は、それらよりもさらに規模が小さい中小消費者金融のことを指していると思われます。(ただ、この辺りは個人によって変わってくるかと思いますので、一概には言えません)

サラ金業者は貸金業法の改正により、グレーゾーン金利などの上限金利以上は貸し出しが出来なくなりましたが、まだまだその金利は大手銀行カードローンに比べると高めに設定されているところが多いです。

そこで、下記に人気のある銀行カードローンなどの金利(実質年率)の一覧を記しますので参考にしていただければと思います。

>>【必見】消費者金融・サラ金比較

【無利息期間をうまく利用したい方】
30日間無利息(※プロミスポイントサービスにお申込みされた方が対象)のプロミス

【即日融資も対応OKな大手なら】
年利4.7から18.0%(※即日融資対応)アコム

【ブランド力もあり安心の銀行カードローン】
金利年4.0%から14.0%みずほ銀行カードローン

【借入金額が大きくなる方は下限金利が業界最低水準ローンで】
年利2.5%から18%ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」

【ローンののりかえ、借り換えなら上限金利が低いローンで】
年率7.8%から9.8%(保証料年率1.2%相当を含む)東京スター銀行 のりかえローン

がおススメです。

【カードローンを融資利率で比較】
東京スター銀行「おまとめローン」・・・実質金利 年率1.2%から14.8%(保証料年1.2%相当を含む)  約定金利 年率4.6%から13.6%(別途保証料年1.2%相当が必要) (※借り換え専用)
東京スター銀行 のりかえローン・・・・金利 年率7.8%から9.8%(保証料年率1.2%相当を含む)
三井住友銀行カードローン・・・金利4.0%から14.5%
東京スター銀行カードローン・・・年利4.5%から14.6%
オリックス銀行カードローン・・・金利3.0%から17.8%
みずほ銀行カードローン・・・金利年4.0%から14.0%。
オリックスVIPローン・・・金利3.5%から14.8%
三菱東京UFJ銀行カードローン・・・4.6%から14.6%(※即日融資対応)
セブン銀行 カードローン・・・借入利率:年15%(2013年6月3日現在)
「プロミス」...6.3%から17.8%(※即日融資対応)(※30日間無利息(※プロミスポイントサービスにお申込みされた方が対象))
アコム・・・年利4.7から18.0%(※即日融資対応)
ノーローン・・・年利9.5%から18.0%(※即日融資対応)(7日間無利息)
楽天銀行スーパーローン・・・4.9%から14.5%
イオン銀行ネットフリーローン・・・4.8%から13.5%
じぶん銀行カードローン・・・3.0%から17.5%
新生銀行カードローン レイク・・・年利9.0%から18.0%
住信SBIネット銀行・・・・年利3.5%から10.0% 最大限度額700万。スタンダードコースは金利年14.3%・14.8%、限度額最大100万円
モビット・・・年利4.8%から18.0%
ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」・・・年利2.5%から18%
・アイフル・・・年利6.8%から18.0%
オリコのローン【CREST】・・・・審査最短25分!実質年率6.0%?18.0%。最高300万円。
三井住友カードゴールドローン・・・年利4.5%から9.8%
セゾンファンデックス VIPローン・・・借入限度額:1万円から500万円 実質年率:6.5%から17.8%。

サラ金とは消費者金融のことを一般的にはさします。消費者ローン等とも言われることもあります。

サラリーマン金融がもともととも言われています。

最近はCMで言われているキャッシングという言葉が一番多いようです。

サラ金という呼び名を使っているところもまだまだ多くありますので、今後少しずつ統一されていくかもしれません。

カードローン等が主流になっていますが、街金などではまだまだサラ金という言葉が使われているところも多いようです。

サラ金業者を選ぶときはヤミ金などに引っかからないようにするのが重要です。

貸金業に登録されている正規業者をきちんと利用するに用にしましょう。

ここでは大手サラ金業者などを見ていきましょう。


有名なのはCMをやっているキャッシング業者でしょう。有名どころはプロミスでしょう。現在は三井住友銀行グループになっています。

プロミス以外にもアコムやモビットなども銀行系キャッシングといわれる銀行のグループになっています。

貸金業法の改正もありましたので、再編が加速されたと言えるでしょう。

そういった流れもあり、最近はサラ金よりも銀行カードローン人気が集中しています。

というのも、銀行カードローンは総量規制といわれる年収制限による貸出の範囲外となっているからです。

サラ金業者は年収の3分の1という基準になりますが銀行はその範囲外になるのです。

そのため、サラ金業者で借り入れが出来なくても銀行で借り入れが出来る可能性がある、という以前とは逆の構造になっています。

銀行カードローンで人気があるのはみずほ銀行カードローンです。金利も低めに設定されており、みずほ銀行というブランド力もきいているのでしょう。

その他の人気どころはネット銀行として勢力を伸ばしている楽天銀行スーパーローンです。こちらもみずほ銀行同様に金利を低めに設定しており、人気が高まっています。




即日融資をしてくれるとこらならばアコムが人気です。アコムはすばやい対応、丁寧な対応ということで人気が出ています。

1万円からの小額融資にも対応してくれるのが急な出費の方などに人気の要因のようです。

パート、アルバイトの方も借り入れが出来るのもいいですね。

アコム以外にもアイフル、プロミス、レイク、モビットなどの大手サラ金業者も即日融資に対応していますので、それらを選択肢に入れてもいいでしょう。

また、銀行カードローンも銀行の口座を持っていれば即日対応してくれるところもあります。

じぶん銀行カードローンもじぶん銀行口座を開設してあれば即日対応してくれます。

即日融資でなくてもいいから低金利で借りたい・・・という方はみずほ銀行や住信SBIネット銀行などといった低金利が売りのカードローンを選ぶといいでしょう。

審査の甘いサラ金があれば知りたい人は多いのではないでしょうか。確かに審査が甘ければ他で断られていたり、借りいれが他にもたくさんあるから借りいれがこれ以上できない人でも、融資してもらえるかもしれませんね。俗に言うところの審査の甘いサラ金は存在していますが、あまりおすすめできません。なぜなら審査が甘いサラ金ほど、大手ではないのです。大手や銀行がバックアップしているようなサラ金はどちらかといえば審査が厳しいです。しかし審査とはそもそも借りる人に返済能力があるかどうかを確かめて見極めるためにあるものですから、その審査を甘くしているということは何か落とし穴があると考えてもいいかもしれません。

例えば金利が高めだったり、担保が必要だったり、保証人を立てなければいけないなど、なにか裏があるかもしれませんので、あまり審査の甘いサラ金だからといって飛びつくのではなくて、しっかりとそのあたりのことを見極めたうえで選ぶほうが安心です。審査が甘いサラ金でお金を借りると借りやすいですが、返済しにくいというツボにはまってしまってなかなか完済できずにいる人も多いですから気をつけましょう。駆りやすく駆りにくい、多重債務の落とし穴です。

サラ金でブラックリストという言葉があるのを知っていますか?ブラックリスト本当にそんなリストがあるのかどうか、黒いリストかどうかはわかりませんが、一応サラ金でお金を借りている人や返済できずに滞っている人、金融事故を起こしたことがある人などは、ブラックリストというリストは存在しているかどうかわからないのですが、名前が記されているとのことです。これは個人信用調査機関のリストのことを意味しており、多重債務者や、過去に金融事故を起こしていたり、返済をしていない人などがわかるようになっているのです。

ですから、新しく借り入れをしようと思ったのに審査に通らなかったというケースでは、ブラックリストに乗っている可能性が高いかもしれません。

ブラックリストに乗っているかどうか、これはこのリストそのものが存在しているかどうかがわかりませんから、問い合わせをして自分が乗っているかどうかを調べたところではっきりとは分からないでしょうけど、思い当たる節があるのではないでしょうか。債務整理をいたり延滞していたり、遅滞していたり、金融トラブルを起こした経験がある人、現在多重債務をしている人はサラ金のブラックに載っているかもしれません。

サラ金にも時効があることを知っていますか?サラ金にも時効は存在しているので、お金を借りても一定の期間返済をしないと時効を迎えて、そして支払義務はなくなります。その期間はだいたいどれくらいなのでしょうか。一般的なサラ金の場合や信販会社、銀行の場合には貸金債券は5年で時効となっています。これは消滅時効になります。友達や、親といった個人から借り入れた借金の場合には倍の10年となっています。サラ金で時効が成立する場合は、一般的な貸金業者なら5年ですが、単に5年が過ぎたからといってそれで時効が成立するわけでもありません。時効成立には一定の方法が必要です。

時効を成立させたいのなら、内容証明郵便で時効援用通知書を業者に送らないといけません。内容的にはその貸金が時効を成立しているので、支払の義務はないといった内容になります。5年から10年単に経過しているだけで支払がなくなるわけではなくて、きちんと書類を提出した上でのサラ金の時効となりますので、その点は覚えておきましょう。事項が成立するためには、中断事由のクリアも必要です。債権者からの請求や差し押さえ、仮処分債務の承認などが必要ですから、これらすべてをクリアした上での話になります。

サラ金と学生

|


ここでは、「サラ金と学生」に関して興味深い内容をまとめてみました。

「サラ金」とは「サラリーマン金融」の略で、現在では「消費者金融」という表現になっています。
また、サラリーマンだけでなく、自営業者や学生、主婦など「個人」を対象にした小口融資をしている金融業者という特徴があります。

消費者金融を利用するための条件は、業者にもよりますが、学生を対象にした「学生ローン」を扱うところもあり、学費の支払などにおおいに役立っています。
この「学費の支払」に関しては「日本学生支援機構」の奨学金がありますが、利息付の「第二種」は利率も高いため、返済に窮する人が多いことが大きな問題になっています。

利用目的自由をうたい文句にしている「キャッシング」は、多くの金融機関がアピールしていますが、金銭感覚がしっかりしていないと返済に困ることも少なくありません。
また、金融機関の「キャッシュカード」では自分のお金を引き出しますが、クレジットカードの「キャッシング枠」での引き出しは「借入」になることを知っておきましょう。 

なお、「サラ金」という表現は最近では使うことが少なくなったことや、このことばからは「ヤミ金」など、マイナーなイメージが強いことを確認しておきたいと思います。
 
    

セブン銀行 カードローン

|


セブン銀行 カードローンはウェブ完結なので書類は一切不要です。申し込みはとても手軽に必要事項を入力するだけでいのです。本人確認書類も収入証明書なども一切不要です。契約はウェブのダイレクトバンキングサービスで完結です。セブン銀行の口座を持っていない人は口座を開設して、そしてカードが手元に届いてからの利用です。ローンサービスの取引をする際はセブン銀行口座のキャッシュカード1枚だけあれば可能なのでとても手軽です。ダイレクトバンキングサービス、セブン銀行ATMなどから曜日、時間帯に関係なくいつでも借り入れも返済もできるのが特徴です。10万円、30万円、50万円の利用限度額の中から選ぶことができます。返済は毎月5千円または1万円で自分の都合に合わせればいつでも返済可能です。セブン銀行の口座を持っていない人は口座開設と同時に申し込みをすることができます。

使わなくても事前に契約をしておけば、急な出費に備えることができますし、突然飲み会に誘われても安心ですし結婚式のご祝儀やレジャー、旅行にも使うことができるのでとても便利です。急な引越しや趣味、娯楽やデートの費用などにも使えますし、子供の教育費にも使えますから便利です。

タグクラウド

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。